お金が足りないときの対処法

借金が家族にバレない為にすること|家族バレを防ぐ必見マニュアル

借金をしても計画的に返済していけるなら、借金は決して悪いことではありません。

しかし、『借金をしている』という事実が家族にわかってしまうことに抵抗がある方は意外と多いのです。

カードローンを利用したいけど、家族にバレてしまうのは困る…。

キャッシングしたけど、これって家族にバレたりしない?

これから借金をしようと考えている方や、現在借金をしている方にとってこのような不安もあることでしょう。

そんな不安を解消すべく、借金が家族にバレないようにする、家族にバレることを防ぐ方法について解説します。

ぜひ参考にして、少しでも不安や心配事を軽くしましょう。

借金は絶対に家族バレしたくない人は多い

借金は絶対に家族バレしたくない人は多い家族バレすると喧嘩になる場合も

借金をしていることを家族や友人・会社などにバレたくないという方はと多く、その理由も様々です。

では、バレたくない理由にはどんなものがあるのか、簡単にまとめましょう。

  • 借金があると馬鹿にされるから
  • 借金は悪いことだから
  • 心配させるから
  • もめたくないから
  • 体裁が良くないから
  • なんとなく言いたくないなど

借金に対していいイメージを持たない方が多いため、自分が借金をしている事実を知られたくないという方がほとんどではないでしょうか。

そう、借金を周りの人に知られたくないと考えているのは、あなただけじゃないということです。

カードローンやキャッシング会社も家族バレを防ぐような対応をしている

カードローンやキャッシング会社も家族バレを防ぐような対応をしている家族バレをしたくない人が多いのでカードローン会社も理解してくれる

借金がバレるのは嫌だけど、借金しないわけにはいかないときもある。

カードローンの会社と契約すれば、どうしてもバレるんじゃない?

確かに借金ゼロで生活できれば何の問題もありませんが、どうしても借金しなければならない状況もありますよね。

しかし、カードローンやキャッシングを利用するためには契約することが必須ですし、その過程で家族にバレてしまうことも考えられます。

そんな利用者の悩みを貸金業者側もよく理解していますので、近年カードローン会社やキャッシング会社が、家族にその事実がわからないように対応してくれているところも増えてきているのです。

どのような対応を行っているのかを以下にまとめましょう。

  • インターネットで手続きが完了できる(郵送物なし)
  • 電話は会社名でなく個人名でかけてくれる

早速わかりやすく解説していきますね。

インターネットで手続きが完了できる(郵送物なし)

カードローンやキャッシングを利用する際には、申し込み・審査・契約が必要になります。

申込みなら申込書を送り、審査が行われれば結果が届き、契約のための書類が届いたら必要事項を記入して郵送する…といった手順を踏めば、書類やお知らせで確実に家族にバレてしまいますよね。

そこを考慮して、近年のカードローン会社・キャッシング会社の一部ではインターネットで申し込みから融資まで全て済ませることができる『WEB完結』を行っているのです。

パソコンやスマートフォンで申し込みから融資まですべて行えるなら、家族にバレてしまう可能性はググッと低くなりますよね。

ただし、WEB完結で申し込みをするには各カードローン会社等で条件(指定金融機関口座が開設してあるかどうかなど)がありますので、条件に当てはまるかどうかを確認しておきましょう。

電話は会社名でなく個人名でかけてくれる

審査の際に、申込んだ内容が間違いないかどうかや在籍確認の電話がかかることがあります。

その時電話口で「○○カードローン会社です。」と言われてしまえば、一発で借金がバレてしまい、トラブルのもとになってしまうかもしれません。

しかし、一部の貸金業者もこのあたりはしっかり考慮してくれますので、電話口では個人の名前を名乗ってくれます。

個人名で電話がくることで、貸金業者であることがバレずに済むのです。

このように、業者側も家族にバレ内容に対応してくれていますので、安心して申し込みができます。

借金が家族バレしない為にしておきたいチェックポイント

借金が家族バレしない為にしておきたいチェックポイント借金があることがバレてしまうと困ることから、バレてしまわないように気を付けている方も多いことでしょう。

しかし、ちょっとしたきっかけや思わぬ事態によって借金が家族にバレてしまうことがあります。

どんなことで借金がバレてしまうのかをまとめてみましょう。

  • 申込み・契約時に使う書類や在籍確認の電話でバレる
  • 滞納したことで督促の電話・書類が届いてバレる
  • ATM等の利用明細でバレる
  • サイフやバッグ・スマートフォンでバレる
  • 給与差し押さえ命令が会社に届くことでバレる

上記のことがきっかけで家族に借金がバレてしまうことがあります。しかし、あなたが充分に注意しておくことでバレるリスクを低くすることが可能です。

どのように気を付けたらいいのか、具体的に解説していきますね。

申込み・契約時に使う書類や在籍確認の電話でバレないようにする

申込みの書類を記入する時や必要書類を郵送してもらうとき、記入した内容を確認するための電話がかかってきたときなどに家族にバレることがあります。

カードローンやキャッシングを申し込む際は、インターネットで融資までの手続きができる会社を選択する方がいいでしょう。

インターネットで全ての手続きができるカードローン会社には、以下のようなところがあります。

会社にバレるだけなら大丈夫!

という方もいらっしゃるかもしれませんが、在籍している会社の人があなたのご家族とも親しい仲だった場合、会社の人からご家族に知らされる可能性も捨てきれません。

カードローンやキャッシングの申込みをする前に、在籍確認の電話を個人名で行ってくれるかどうか確認しておくといいですね。

滞納したことで督促の電話・書類が届いてバレるのを防ぐ

借金をしていても、計画的に返済していれば大きな問題はありません。しかし、返済が遅れたり滞納してしまうと、督促の書類や電話がかかってくることがあります。

督促の際には個人名で電話をかけてくれるとは限りませんので、家族にバレてしまう可能性が高いと言えるでしょう。

もしあなたが、返済日までに返済できないようであれば、できるだけ早めにカードローン会社やキャッシング会社に電話をかけて、返済日に返済できない旨を伝え、誠意を込めて謝りましょう。

そして、今後の支払いをどうしたらいいのかしっかり尋ねて、できるだけ早めに返済できるようにしてくださいね。

ATM等の利用明細でバレるのを防ぐ

カードローンを利用したときやキャッシングを行う際に利用明細が出てきますが、この利用明細を持ち帰り、そのまま放っておくことで家族にバレてしまいます。

利用明細は、その場で確認して破棄しておく方がいいかもしれませんね。

また、ATMを利用している姿を家族や知り合いが目撃するかもしれません。

借金は決して悪いことではありませんが、家族にバレたくないのなら細心の注意を払いたいので、自宅の近くではATMを利用しない方が得策ですね。

サイフやバッグ・スマートフォンでバレないようにする

サイフやバッグをそのままテーブルの上に置きっぱなしにしたり、貸金業者のサイトをスマートフォンの画面に出したままにしておくなど、ついうっかり気が緩んだときに借金がバレてしまうこともあります。

故意にサイフやバッグ・スマートフォンを勝手に見ることは少ないかもしれませんが、何かの拍子に中身が飛び出てしまうことで、カードや利用明細が見つかる可能性も捨てきれません。

カードや利用明細などが入っているサイフやバッグは、あなたが管理できる場所におくようにしてください。

また、スマートフォンにはロックをかけておくのもいいですね。

給与差し押さえ命令が会社に届かないようにする

借金の遅延や延滞を続けていると、あなたの給与を差し押さえられてしまう可能性があります。

差し押さえ命令が会社に届けば、必然的に家族にも借金があることがバレてしまいます。

最悪な事態を避けるためにも、返済日に必ず返済できるように資金繰りを行いましょう。

家族バレしないカードローン会社

家族バレしないカードローン会社安心して借り入れの申込みができる!

家族バレしないカードローンを選択するのが、最も家族バレを防ぐ方法です。しかし、カードローンの数は非常に多く、その中から家族バレしないカードローンを探すのは至難のワザですよね。

一番おすすめなカードローンって何だろう?

どこのカードローンがいいのか迷っているあなたのために、家族バレしないカードローン会社をご紹介しましょう。

ぜひ参考にして、あなたにピッタリのカードローンを選択してくださいね。

アコム

融資までの時間審査:最短30分
融資:最短60分
金利3.00%~18.00%
借入可能額800万円まで

アコムは、借り入れる人のプライバシーを考慮したサービスを行っていますので、家族バレを防ぐ方法で申し込み・契約・融資ができるようになっています。

どのようなことに配慮しているのかを以下にまとめます。

  • インターネット完結申込
  • 在籍確認
  • 審査結果
  • カード郵送方法
  • 明細書

具体的に、どんな方法でプライバシーを守ってくれるのかを解説しましょう。

インターネットで完結申込ができる

アコムは郵送したり郵送物が届くことがない、インターネット完結申込ができます。

申込フォームに入力するため書類の準備をしなくて済みますし、本人確認書類などはアップロードして送信できます。

契約が完了するまでインターネットで操作できるため、家族にバレてしまうリスクが低くなります。

在籍確認は担当者個人名でかけてくれる

申し込みの際に入力した勤務先に、在籍確認の電話がかかることがあります。

アコムでは、在籍確認の電話の際、会社名ではなく担当者の個人名でかけてくれるので、カードローン会社からの電話であるとわかりません。

でも、自分は男なのに個人の女性からの電話がかかると、ちょっと気まずいな…。

確かに異性の個人からの電話が会社にかかるというのは、周りの人に誤解を与えかねませんよね。

そんな方のために、アコムでは電話で相談した人の希望に添えるように配慮してくれています。

アコムに電話をかけて「担当者は男性がいい。」「女性からの電話にしてほしい。」などの希望を伝えると、そのように手配してくれるのです。

電話で相談したい場合は、以下の番号にかけてくださいね。

  • 0120-07-1000

ここまで配慮してもらえれば、在籍確認の電話がきても慌てなくて済みますね。

審査結果は希望する連絡方法で届く

申込みの後に審査が行われますが、審査結果が自宅の電話に届くと家族にバレてしまう危険性があります。

しかし、アコムはあなたが希望する連絡先に審査結果を知らせてくれるので、自宅に電話をかけてほしくない場合は、携帯電話に電話をかけてもらうことも可能です。

メールでお知らせもできますので、インターネットで申し込む際に好きな方法を選択してくださいね。

カード郵送は『ACサービスセンター』で届く

カードを郵送してもらうとき、発送元の名前が『アコム』では家族に一発でバレますよね。

しかし、アコムがカードを発送する際は、発送元の名前を『ACサービスセンター』として送りますので、あなたがアコムを利用していることがわからないようになっています。

また、店頭窓口に直接行くことで自宅に郵送物が届くことがないので安心です。

明細書がないから安心!

カードローンの利用明細が自宅に届くのは、家族バレやトラブルの元になりますし避けたいところですね。

アコムの会員になれば、アコム会員サイトから契約内容の確認や利用明細・登録の変更などをインターネット上で行えますので、カードローンを利用していることもその内容も家族にバレることがありません。

ただし、会員登録をしておかないとサイトの利用ができないので、契約が完了したらすぐに会員登録を行いましょう。

プロミス

融資までの時間審査:最短30分
融資:最短60分
金利4.50%~17.80%
借入可能額500万円まで

できるだけ家族や知り合いにカードローンを利用していることがわからないように、プロミスでは以下のような対策を行っています。

  • WEB完結申込
  • 担保や保証人なし
  • 『お勤めの確認』は個人名

それでは上記の内容をわかりやすく解説しましょう。

WEB完結申込で郵送物なし!

プロミスの申し込み方法には、インターネット上ですべての手続きが行える『WEB完結申込』があります。

パソコンやスマートフォンを使えばインターネットで申し込みから融資までが完了するため、郵送物が届くこともありません。

郵送物が届かなければ、家族にバレてしまう心配も少なくなりますね。

また、カードの発行を『不要』にすればカードが送られてくることもなく、融資をインターネット上で行えます。

全てをWEBで完結できてしまうのは、家族バレを防ぎたい方にとっては嬉しい方法ですよね。

担保や保証人が必要ないから安心して申し込める

融資を受けるために担保が必要になったり、保証人が必要になることがあります。

しかし、プロミスは担保も必要ありませんし、保証人をお願いする必要もありません。

あなたが計画的に利用して返済していけば、誰にも迷惑をかけることがありませんので、安心してカードローンを使うことができますね。

『お勤めの確認』は個人名で電話がかかる

プロミスのお勤めの確認は在籍確認のことであり、本人が勤めていることを確認するためにあなたの会社にプロミスから電話がかかります。

この時プロミスの名前をかたってしまうと、会社の人にカードローンを利用していることがバレてしまいます。

そこでプロミスでは、会社に電話をかける際にはプライバシーを配慮して担当者の個人名で電話をかけてくれます。

個人名ならカードローンの利用がバレてしまうことがありませんね。

借金していることが家族にバレた時の言い訳

借金していることが家族にバレた時の言い訳少しでも役立つように…!

借金していることが家族にバレてしまうと、トラブルになってしまうかもしれませんよね。

もし、家族に借金がバレてしまったら何て言ったらいいんだろう…。

こんなふうに悩んでしまう方も多いことでしょう。

そんなあなたの不安を和らげるために、借金していることが家族にバレてしまった時の言い訳をまとめました。

  • 急な出費があった
  • 活費が足りなくなった
  • お金を貸して返ってこない
  • 財布を落とした
  • 心配させたくなかったなど

まずは、具体的にどのように言い訳するのかを解説していきますね。

急な出費があった

借金をした理由が「急な出費があった。」と言うのは、かなり納得のいく言い訳です。

たとえば、「会社の人が結婚したから、社員でお金を出し合った。」「友人が子供を産んだから、お祝いの品を贈った。」というのも急な出費といえますね。

親戚に不幸があった。」というのも急な出費になりますが、親戚であれば家族にも関係があることなので、言い訳にはあまり適しません。

できるだけ家族の知らない人を言い訳の理由にする方がいいかもしれませんね

生活費が足りなくなった

あなたが生活費を管理しているのであれば、「生活費が足りなくなった。」と正直にいうのもいいでしょう。

実際、主婦の方の借金の理由に「生活費が足りないから」というのは充分あることです。

あなたがお小遣いをもらっている側なら、「小遣いが足りなくなった。」ということになります。

しかし毎月続くと、お金を上手に使えない人だと思われてしまうので、借金はできるだけ早めに返済し、毎月繰り返さないように注意しておきましょう。

お金を貸して返ってこない

会社の後輩にお金を貸したけど、予定通り返ってきていない。

入院している友人にお金を貸した。

こう言えば仕方がないと感じてくれるかもしれません。しかし、

貸したお金なら返ってくるものと思われますので、この場合もできれば早めに返済しておく方がいいですね。

また、何度も使える言い訳ではないので、使い方にも注意が必要です。

サイフを落とした

サイフを落としたからお金がない。

実はサイフを落としてしまうことは日常であり得ない事ではありません。

サイフを落としてしまえばもちろん現金も無くしてしまうので、慌てて借金をすることもあるでしょう。

ただ、気を付けなければいけないのは、『クレジットカード』『キャッシュカード』『電子マネー』『運転免許証』などをサイフに一緒に入れている方です。

家族がサイフを落としたと聞けば、「中に入っているカード類は大丈夫なの!?」という質問がくることでしょう。

カード類をサイフに入れていることを知っている家族は、カードをストップするなどの対策を考えるはずです。

本当にサイフを落としたのであれば、既にカード利用をストップさせて警察に届けているかもしれませんが、借金の理由が違う目的だった場合、色々言い訳を考えているうちに借金した理由が別のことであるとわかってしまうかもしれません。

サイフを落としたという言い訳は、あなたが普段サイフをどのように使っているかで決まるかもしれません。

心配させたくなかった

言い訳として最も使われているのが、「心配させたくなかったから。」です。

相手のことを考えて、余計な心配をかけるのは忍びない…と言い訳する人も結構います。

しかし、「家族であるなら相談してほしかった…。」というのが、あなたのパートナーの本音ではないでしょうか。

特に家族を思いやる女性がパートナーであった場合、心配させないために借金していることを黙っていたという事実に涙するかもしれません。

家族に隠し事をされるというのは、とても辛いことです。こちらの言い訳は、時と場合を考慮して使った方がいいかもしれませんね。

さて、ここまでは借金がバレてしまった時の言い訳を解説しましたが、言い訳よりも先にしておかなければいけないことがあります。

それは『謝る』こと。

借金がバレてしまった時のあなたのために、どうしたらいいかを簡単にまとめましょう。

借金がバレたらまず先に謝ろう!

借金をしていたことを隠していたのは事実ですから、バレてしまった時には即座に謝りましょう。

先に言い訳してしまうと「反省していない!」と受け取られてしまうかもしれません。

気持ちを込めて、黙っていたこと。相談しなかったことをしっかりと謝ってくださいね。

そして、なぜ借金をしたのかを説明し、今後の対策を一緒に考える方がいいでしょう。

手順にすると、以下のようになります。

  1. まずはしっかり謝る
  2. 借金をした理由(言い訳)を話す
  3. 今後の返済をどうするか、一緒に考える

あなたが自分のお金で返済していくのであれば、その旨をきちんと伝えてください。

家族のお金を必要とするのなら、しっかりとお願いして協力してもらいましょう。

家族バレせずに債務整理することは可能?

家族バレせずに債務整理することは可能?借金はきちんと管理しながら返済しきれていれば問題はありません。しかし、すべての人が借金を返済しきっているのでしょうか?

実は、「ちょっとお金を借りるだけ!」と思っていたけど、気付いたら返済しきれなくなっていた!という例もあるのです。

借金が返済しきれなくなった場合、債務整理をすることになります。債務整理には、以下の方法があります。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理

債務整理をすると、さすがに家族にバレるよね…。

こんな不安を抱えている方もいらっしゃるかもしれません。

実は、債務整理を行っても家族や知人・会社にバレることはほとんどない方法があるのです。それは『任意整理』です。

なぜ任意整理は周囲にバレないのか、その理由をわかりやすくまとめていきますね。

任意整理をすれば家族にはバレない!?

弁護士や司法書士などの専門家にお願いすることで、任意整理を行うことができます。

この任意整理は、債権者(カードローン会社・貸金業者など)に弁護士や司法書士などが直接交渉するものなので、あなたの周りの人にバレてしまう危険性は極めて少ないのです。

でも、自己破産とかは官報に載るんでしょ?

確かに、自己破産や個人再生といった金融事故は裁判所を通して行われるため、官報に掲載されることとなり、家族や知人・会社の人などに知られてしまいます。

しかも自己破産となると、自宅などが差し押さえられてしまうため、家族に隠しておくことはかなり難しくなります。

しかし、任意整理は弁護士などが直接債権者に交渉するため、官報に載ることはありません。その上、弁護士や司法書士などは守秘義務が課せられていますので、他人に話すこともありません。

任意整理する時は、以下のことに注意をしておきましょう。

  • 家族にわからないようにしたい旨を必ず伝える
  • 家族にバレたくない借金を洗い出しまとめておく
    ⇒家族が知っている住宅・車のローンまで任意整理しない
  • 書類を受け取る場合の方法について話し合う
    ⇒書類を送る際は個人名で など
  • 連絡先は自分の携帯電話のみにしてもらう
    ⇒自宅・会社には連絡しない など
  • 連絡時間を決めておく
    ⇒電話ができない時間も伝えておく

困ったときには、はやりプロに相談するのが一番です。

借金を返済するために「また借金をする」というのは、絶対に避けましょう。

借金の家族バレを防ぐ方法まとめ

借金が家族にバレ内容にするためには、カードローン会社やキャッシング会社をどこにするのかがかなり重要になってきます。

こちらでご紹介した『アコム』と『プロミス』は、あなたのプライバシーを考慮した方法で申し込みから融資までができますので、これからお金を借りる方はこちらの2社を選択する方がいいでしょう。

万が一家族に借金がバレてしまった時は、何よりも先に謝ることも大事です。家族バレしてしまったら、覚悟を決めてしっかり話し合うのが一番ですね。

また、債務整理を考えているなら、自己破産や個人再生の前に弁護士や司法書士などに任意整理できないかどうか相談しましょう。

任意整理できれば家族や知人・会社にわかってしまうリスクが少なくなります。

本当に困ったときには弁護した司法書士にお願いして、できるだけ家族に心配や迷惑をかけないようにしたいですね。