お金を借りられるところ

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法|申込みから審査・融資の流れを解説

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法|申込みから審査・融資の流れを解説生活福祉資金貸付制度でお金を借りたい!

生活福祉資金貸付制度の申込み方法は?

このような疑問を抱いているあなたにご覧いただきたいのが、当記事の内容です。

生活福祉資金貸付制度と一口に言っても、その種類は多岐にわたります。

ここでは、生活福祉資金貸付制度それぞれの種類の詳細や申込み方法について、詳しく解説していきます。

あらかじめ対象となる貸付制度や必要書類、融資までにかかる時間を把握しておくことで、あなたもよりスムーズにお金を借りることができるでしょう。

ぜひ以下の内容を参考にしていただき、適切な貸付制度を活用してみてくださいね。

» 即日融資が可能なおすすめカードローン

生活福祉資金貸付制度の種類を理解しよう!申し込み対象者とは?

まず始めに、生活福祉資金貸付制度の種類にはどのようなものがあるかを理解しておきましょう。

生活福祉資金貸付制度の種類は大きく以下の4種類に分かれます。

  • 総合支援資金
  • 福祉資金
  • 教育支援資金
  • 不動産担保型生活資金

それぞれの貸付制度で、限度額や保証人の有無などが異なります。その点にも注目しながら、各貸付制度の内容をご覧ください。

総合支援資金

総合支援資金は生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費の3種類に分かれます。それぞれの詳細は以下の通りです。

総合支援資金の種類生活支援費住宅入居費一時生活再建費
内容生活再建までの間に必要な生活費用敷金や礼金など、住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うのが困難な費用
貸付限度額・2人以上→月20万円以内
・単身→月15万円以内
40万円以内60万円以内
措置期間最終貸付日から6月以内貸付けの日から6月以内
償還期限措置期間経過後10年以内
貸付利子保証人あり:無利子
保証人なし:年1.5%
保証人原則必要。
ただし、保証人なしでも貸付可。

一時生活再建費って例えばどういう費用?

と思われたあなたのために、一例を示しておきます。

  • 就職や転職を前提とした技能習得に要する経費
  • 滞納している公共料金などの立て替え費用
  • 債務整理をするために必要な経費

総合支援資金は保証人なしでも借りることができますが、保証人をつけない場合は年1.5%の利息がつく点には注意しておきましょう。

福祉資金

福祉資金は福祉費と緊急小口資金の2種類に分かれます。それぞれの詳細は以下の通りです。

福祉資金の種類福祉費緊急小口資金
内容生業を営むために必要な経費緊急かつ一時的に生計の維持が困難になった場合に貸し付ける少額の費用
貸付限度額580万円以内(資金の用途によって異なる)10万円以内
措置期間貸付けの日から6月以内貸付けの日から2月以内
償還期限措置期間経過後20年以内措置期間経過後12月以内
貸付利子保証人あり:無利子
保証人なし:年1.5%
無利子
保証人原則必要。
ただし、保証人なしでも貸付可。
不要

福祉費は一言でいってしまえば生業を営むために必要な経費ですが、具体例は枚挙にいとまなしです。以下、一例を示しておきましょう。

  • 就職や技能習得などの支度に必要な経費
  • 住宅の増改築や補修などに必要な経費
  • 介護サービスや障害者サービスを受けるのに必要な経費
  • 災害を受けたことにより臨時に必要となる経費
  • 冠婚葬祭に必要な経費

もちろん、これら以外の項目でも、生業に関連する事由であれば、資金を借りることができますよ。

教育支援資金

教育支援資金は教育支援費や就学支援費の2種類に分かれます。それぞれの詳細は以下の通りです。

教育支援資金の種類教育支援費就学支援費
内容低所得世帯に属する者が高等学校、大学または高等専門学校に修学するために必要な経費低所得世帯に属する者が高等学校、大学または高等専門学校への入学に際し必要な経費
貸付限度額・高校→月3.5万円以内
・高専→月6万円以内
・短大→月6万円以内
・大学→月6.5万円以内
※特に必要と認める場合、上記各上限の1.5倍まで貸付可
50万円以内
措置期間卒業後6月以内
償還期限措置期間経過後20年以内
貸付利子無利子
保証人世帯内で連帯借受人が必要

教育支援資金はその種類を問わず、無利子で借りることができます。

こういう時代だからこそ、学びに力を入れておきたい!」という方にぴったりの支援金と言えるでしょう。

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金は不動産担保型生活資金と要保護世帯向け不動産担保型生活資金の2種類に分かれます。それぞれの詳細は以下の通りです。

不動産担保型生活資金の種類不動産担保型生活資金要保護世帯向け不動産担保型生活資金
内容低所得の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として貸し付ける資金要保護の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として生活資金を貸し付ける資金
貸付限度額・土地の評価額の70%程度
・30万円以内
・土地および建物の評価額の70%程度(集合住宅の場合は50%)
・生活扶助額の1.5倍以内
措置期間契約終了後3月以内
償還期限措置期間終了時
貸付利子年3%
または長期プライムレートのいずれか低い利率
保証人必要(推定相続人の中から適任)不要

不動産担保型生活資金は貸付利子が3%と、その他の支援金と比較しても利率が高いことには注意が必要です。

要保護世帯向け不動産担保型生活資金に関しては、保証人なしで借りることができるのはありがたいですね。

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる流れと必要書類

どういう流れでお金を借りることができるの?

とあなたも気になっていることでしょう。

そこでここでは、生活福祉資金貸付制度でお金を借りる流れと必要書類について解説していきたいと思います。

まず、お金を借りる流れについてですが、支援金の種類によって若干異なります。

  • 福祉費、教育支援資金、不動産担保型生活資金
  • 総合支援資金、緊急小口資金

以下、それぞれのパターンでどのような流れになるのかを見ていきましょう。

福祉費、教育支援資金、不動産担保型生活資金を借りる場合の流れ

福祉費、教育支援資金、不動産担保型生活資金を借りる場合の流れは以下の通りです。

  1. お住まいの市区町村社会福祉協議会に相談し、申請書類を提出する
  2. 審査
  3. 貸付決定通知書を受け取る(審査落ちの場合は不承認通知書が送付される)
  4. 借用書を社会福祉協議会に提出する
  5. 貸付金の交付を受ける
  6. 返済する

ご覧の通り、お金を借りるにはやはり、所定の審査をクリアしなければなりません。

申請書類の種類は後ほど詳しく記載しますが、必要事項の記載漏れや虚偽の申請がないように注意しましょう。

総合支援資金、緊急小口資金を借りる場合の流れ

総合支援資金、緊急小口資金を借りる場合の流れは以下の通りです。

  1. 自立相談支援機関に相談する
  2. お住まいの市区町村社会福祉協議会に申請書類を提出する
  3. 審査
  4. 貸付決定通知書を受け取る(審査落ちの場合は不承認通知書が送付される)
  5. 借用書を社会福祉協議会に提出する
  6. 貸付金の交付を受ける
  7. 返済する

総合支援資金、緊急小口資金を借りる場合には、社会福祉協議会だけではなく、自立相談支援機関が関わってきます。

あらかじめ自立相談支援機関で相談することによって、総合支援資金や緊急小口資金の必要性を判断してもらうというわけですね。

承認が得られた後の流れとしては、前述のパターンと同様です。必要書類を漏れなく揃え、社会福祉協議会に提出し、審査がおりるのを待ちましょう。

生活福祉資金貸付制度を利用する際に必要な書類

生活福祉資金貸付制度を利用する際に求められる書類としては、以下のようなものがあります。

  • 借入申込書
  • 世帯全員記載の住民票(世帯主、続柄、本籍等が全て記載されたもの)
  • 健康保険証被保険者証
  • 所得証明書(学生を除く世帯全員分)
  • 課税証明書および納税証明書(連帯保証人のみ)
  • 個人情報保護に関する同意書
  • 生活福祉資金貸付確認申請書

上記の他、申請内容を確認できる書類を求められる場合もあります。

ざっと見ても結構な数の書類ですが、金利なしか、もしくは他では考えられない低金利でお金を借りることができることを思えば、これくらいの手数はどうってことありませんよね。

生活福祉資金貸付制度の審査から融資までにかかる時間

生活福祉資金貸付制度でお金を借りるにはどれくらいの時間が必要?

お急ぎの方ならここは気になるところですよね。

結論から言うと、生活福祉資金貸付制度の審査〜融資までにかかる時間としては、最低でも1ヶ月程度は見込んでおいた方が良いでしょう。

1ヶ月もの期間を要する理由としては、社会福祉協議会が様々な窓口において、膨大な数の書類を確認する必要があるためです。

ただし、緊急小口資金に関しては、最短1週間で融資を受けることができます。

緊急小口資金は最大10万円までとなっているため、金額よりもスピード感を重視されたい場合にはおすすめと言えます。

  • 生活福祉資金貸付制度の審査〜融資までにかかる時間は最低1ヶ月程度
  • 緊急小口資金は最短1週間で融資を受けることができる

いずれにせよ、急ぎでお金を借りたいのであれば、できるだけ時間には余裕を持って動き出す必要がありますね。

生活福祉資金貸付制度で借りられる限度額と利息

生活福祉資金貸付制度で借りられる限度額と利息についてまとめると、以下の通りとなります。

生活福祉資金の種類限度額利息
総合支援資金生活支援費・2人以上→月20万円以内
・単身→月15万円以内
保証人あり:無利子
保証人なし:年1.5%
住宅入居費40万円以内
一時生活再建費60万円以内
福祉資金福祉費580万円以内
(資金の用途によって異なる)
緊急小口資金10万円以内無利子
教育支援資金教育支援費・高校→月3.5万円以内
・高専→月6万円以内
・短大→月6万円以内
・大学→月6.5万円以内
就学支援費50万円以内
不動産担保型生活資金不動産担保型生活資金・土地の評価額の70%程度
・30万円以内
年3%または長期プライムレートのいずれか低い利率
要保護世帯向け不動産担保型生活資金・土地および建物の評価額の70%程度(集合住宅の場合は50%)
・生活扶助額の1.5倍以内

お金を借りる上でやはり気になるのは、どれくらい利子がかかるのかということですよね。

とにかく無利子でお金を借りたい!

ということであれば、総合支援資金や福祉費で保証人をつけるか、緊急小口資金を活用するのが良いでしょう。学費を調達する目的なら教育支援費や就学支援費でもOKですね。

お金を借りるのであれば、具体的な返済計画を立てておく

総合支援資金などでいくら無利子で借りることができるからといって、お金を借りることを安く見積もってはいけません。

当然ながら、期日までに綺麗に返済する必要がありますから、お金を借りるのであれば、それと同時に具体的な返済計画を立てておきましょう。

日々の生活費の他に、プラスアルファのお金を作る上で重要なこととしてはやはり、固定費を始めとする支出を減らしつつ、収入を増やすことがポイントです。

以下、具体策をいくつか挙げておきますので、参考にしてみてください。

支出を減らす方法
  • スマホを格安SIMに変える
  • シェアハウスに引っ越すなどして家賃を大幅に下げる
  • 契約アンペアを変更する、節水シャワーヘッドを使用するなどして水道光熱費を下げる
  • 生命保険を見直す
  • サブスクの契約を見直す
収入を増やす方法
  • アルバイトで稼ぐ
  • 持っているモノを売る
  • ポイントサイトでコツコツ稼ぐ
  • クラウドソーシングで仕事を受注して稼ぐ
  • スキルや知識をオンライン上で販売する

収入を増やす方法についてですが、新型コロナウィルスの影響もあり、なかなか外出して稼ぐことが難しい職種も多いですよね。

この点を踏まえると、新型コロナウィルスの影響を受けないオンライン上でのお仕事か、状況を問わず、必ず出勤しなければならない仕事を選ぶことで、安定した収入を確保することができるでしょう。

» お金がないときの対処法はこちら

生活福祉資金貸付制度を利用できない人・審査に落ちる人

生活福祉資金貸付制度を利用できない人はいるの?

生活福祉資金貸付制度の審査に落ちるのはどんな人?

これから生活福祉資金貸付制度を利用しようとしているあなたであれば、このような疑問をお持ちのことでしょう。

そこでここでは、以下の項目を挙げながら、生活福祉資金貸付制度を利用できない人や、審査に落ちてしまう人について解説を進めていきたいと思います。

  • 生活福祉資金貸付制度が利用可能な世帯は3つ
  • 書類で状況を証明できないと、審査を通過することはできない

そもそも、生活福祉資金貸付制度を利用できる世帯とそうでない世帯があるということですね。早速、それぞれの項目について深掘りしていきますよ。

生活福祉資金貸付制度が利用可能な世帯は3つ

生活福祉資金貸付制度が利用可能な世帯は以下の3つです。

低所得者世帯必要な資金を他から借りることが困難な世帯
障害者世帯身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳などの交付を受けた人が属する世帯
高齢者世帯65歳以上の高齢者が属する世帯

生活福祉資金貸付制度を利用するのであれば、上記のいずれかの世帯に該当しないと、そもそもスタートラインに立つことすらできません。

低所得者世帯については、いくら年収が低くても、銀行やカードローンなどでお金を借りることができる方は対象外となってしまう点にも注意が必要ですよ。

書類で状況を証明できないと、審査を通過することはできない

至極当然の話ではありますが、前述した3つの世帯のいずれかに該当しているとしても、低所得であることや、収入が低下してしまったことなどを書類上で証明できなければ、審査を通過することはできません。

逆に言えば、生活福祉資金貸付制度の審査に通過したいのであれば、以下の条件を満たすことがポイントです。

  • 低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯のいずれかに属している
  • 生活福祉資金貸付制度の必要性を書類上で証明できる

生活福祉資金貸付制度を利用する上での書類は多岐にわたりますが、これらは審査を突破する上で必須となるため、不備のないように準備を整えておきましょう。

新型コロナウイルスにおける緊急小口資金の借り方・申請方法

2020年3月25日より、全国の市区町村社協において、新型コロナウィルス感染症を踏まえた特例貸付が開始されました。

ここではまず、新型コロナウイルスにおける緊急小口資金の借り方・申請方法について解説していきたいと思います。

新型コロナウイルスにおける緊急小口資金の詳細は以下の通りです。

対象者新型コロナウィルスの影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持の為に貸付が必要な世帯
貸付上限額・学校等の休業・個人事業主等の特例の場合→20万円以内
・その他の場合→10万円以内
措置期間1年以内
償還期限2年以内
貸付利子無利子
保証人不要

対象者について補足しておくと、新型コロナウィルスの影響を受けて、収入が減少している場合は、必ずしも休業になっていなくても借りることができます。

こうした困っている状況において、保証人不要でかつ、無利子でお金を借りることができるのは本当にありがたいですね。

続いて、申請方法についても見ていきましょう。

緊急小口資金は市区町村社会福祉協議会で申請をする

新型コロナウイルスにおける緊急小口資金の申請は、市区町村社会福祉協議会で行います。

ざっくりと説明してしまうと、必要書類を揃えて社会福祉協議会に提出し、審査を経てから貸付という流れになりますが、詳細はあなたのお住まいの市町村の社会福祉協議会で確認しましょう。

ちなみに、主な必要書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
  • 住民票
  • 給与明細や預金通帳など

本人確認書類や住民票はもとより、収入の減少を確認できる書類として、給与明細や預金通帳などが求められることがポイントですね。

新型コロナウイルスにおける総合支援資金の借り方・申請方法

新型コロナウイルスにおける総合支援資金の詳細は以下の通りです。

対象者新型コロナウィルスの影響を受け、収入の減少や失業等により、日常生活の維持が困難になっている世帯
貸付上限額・2人以上→月20万円以内
・単身→月15万円以内
措置期間1年以内
償還期限10年以内
貸付利子無利子
保証人不要

新型コロナウィルスにおける総合支援資金もやはり、前述の緊急小口資金と同様に、保証人不要かつ無利子でお金を借りることができます。

緊急小口資金と比較し、総合支援資金の償還期限は10年以内とかなり猶予があります。

1〜2年程度では返済の目処が立たないという方は、総合支援資金を利用すると良いでしょう。

総合支援資金は市区町村社会福祉協議会で申請をする

総合支援資金の申請も、市区町村社会福祉協議会で進めることができます。

ただし、総合支援資金の利用に関しては、自立相談支援事業等による継続的な支援を受けることが要件となっています。

  • 総合支援資金の申請窓口は市区町村社会福祉協議会
  • 総合支援資金の利用に関しては、自立相談支援事業等による継続的な支援を受ける必要がある

なお、必要書類や申請の具体的な流れについては、最寄りの社会福祉協議会で確認しましょう。もちろん、本人確認書類や住民票に加え、収入の減少を証明できる書類(給与明細や預金通帳など)の準備は必須ですよ。

お金に困窮したら低利子の生活福祉資金貸付制度を活用しよう!

普段からお金の管理に気を使っていても、どうしてもお金に困ってしまうことはありますし、今回の新型コロナウィルスによって経済的打撃を受けてしまったら、お金を借りる他ありません。

そこでおすすめしたいのが、無利子もしくは低利子で借りることができる生活福祉資金貸付制度ですね。

ここで改めて、当記事のポイントとなる部分についておさらいしておきましょう。

  • 生活福祉資金貸付制度の種類は大きく4種類
  • 生活福祉資金貸付制度の申請窓口は市区町村社会福祉協議会
  • 生活福祉資金貸付制度の審査から融資までにかかる時間は最低1ヶ月(緊急小口資金は最短1週間程度)
  • 生活福祉資金貸付制度は原則、保証人付きなら無利息で利用できる
  • 生活福祉資金貸付制度は低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯のいずれかに属していないと利用できない
  • 新型コロナウイルスにおける緊急小口資金や総合支援資金は市区町村社会福祉協議会で申請できる

生活福祉資金貸付制度は、銀行やカードローンなどで借り入れする場合と比較すると、考えられないほどの低利子でお金を借りることができます。

また、返済までの猶予も長いため、綿密な返済計画さえ立てておけば、無理なく返済することができるでしょう。

ぜひあなたも、ここで記載した内容を十分に参考にしていただき、生活福祉資金貸付制度を上手に活用してみてくださいね。