お金を借りられる所

【即日可能】今スグ3万円や5万円を借りる方法|カードローンを利用する際の注意点とは

今月3万円足りない!

すぐに3万円〜5万円ほど借りたい!

あなたは今、このようなお悩みを抱えていることでしょう。

そこでここでは、今スグ3万円や5万円を借りることができるカードローンについて紹介していきたいと思います。

カードローンと一口に言っても、その種類は多岐にわたります。

それぞれで審査時間や金利、申し込み条件などが異なりますから、焦って手続きをする前にまず、最もあなたのニーズに合うカードローンを見極めることが重要です。

当記事では各種カードローンの基本情報はもちろん、即日にお金を借りる上での注意点やカードローンを利用する以外の方法なども合わせてシェアしていきます。

ぜひあなたも、当記事の内容をじっくりと精読していただき、今何をすべきかを明確にした上で行動してみてくださいね。

今スグに3万円や5万円を借りたいならカードローンがおすすめ

今スグに3万円や5万円を借りたいならカードローンがおすすめカードローンや消費者金融で借りるのが早い!

当記事の結論としては、今スグに3万円や5万円を借りたいのであれば、カードローンに頼ってしまうのがおすすめです。

なぜなら3万円〜5万円程度の額であれば、そこまで利息を支払う必要もありませんし、本気になれば数日で返済することもできるためです。

カードローンって、色々あるけどどこが良いの?

というあなたの心の声が聞こえてきそうなので、人気の高いおすすめのカードローンを紹介していきたいと思います。

以下、審査時間や金利、申込み条件、融資上限などの基本情報に加え、それぞれのカードローンの魅力について解説していきますよ。

プロミス

審査時間最短30分
金利4.5%〜17.8%
申込み条件20~69歳の安定した収入のある方
融資上限50万円(新規契約時点)
最大500万円

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供するカードローンです。

全くカードローンに詳しくない方でも、プロミスの名前は知っていることでしょう。

新規契約時点の融資上限は50万円まで

カードローンの契約で何が怖いかと言えば、3万円〜5万円までと思って借りたのに、歯止めがきかなくなってしまうことです。

こうなると最悪の場合、利息分を返済するだけで精一杯になってしまい、元金が全く減らないという蟻地獄のような状況に陥ってしまいます。

ところがプロミスのように、新規契約時点では50万円という上限が設けられていれば、大事故につながるリスクはかなり低くなりますよね。

つまり、新規契約時点で50万円という上限が定められているのは、節約効果を高めるという観点からすると、大きなメリットと言えます。

  • カードローンで最も怖いのは、想定以上に借金が膨れ上がること
  • プロミスは新規契約時点で最大50万円までしか借りることができない→大事故は防げる

3万円〜5万円しか借りない!

と心に決めておくのはもちろん重要ですが、最悪の場合を想定するのであれば、あらかじめ50万円というボーダーラインが設定されているプロミスを選ぶのが良いでしょう。

アコム

審査時間最短30分
金利3%〜18%
申込み条件20歳~69歳の方
融資上限800万円

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループが提供するカードローンです。

誰もが知っている大手銀行がバックにあることと、3%〜という低金利を踏まえると安心感がありますね。

3秒診断で融資可能か判断できる

そもそも融資が可能かどうかをサクッと知りたい!

そんなあなたにおすすめなのがアコムの3秒診断です。

たった3秒でわかるの?

と驚きを隠せないかもしれませんが、以下の3つの項目を入力するだけで、簡易審査が一瞬で完了します。

  • 年齢
  • 年収(総支給額)
  • 他社からの借入状況(総額)

もちろん、3秒審査は本審査の確実性を100%保証するわけではありませんが、借入できるかどうかを知る為の第一歩としては非常に役立つツールと言えるでしょう。

SMBCモビット

審査時間最短30分
金利3%〜18%
申込み条件20歳~69歳の方
融資上限800万円

SMBCモビットは株式会社SMBCモビットが提供するカードカードローンです。

前述のアコムと比較すると、金利や融資上限などの条件面は同じですが、SMBCモビットの特徴としては、クレジット機能およびTカード機能を後付けすることができる点が挙げられます。

SMBCモビット nextはクレジット&Tカード機能つき

一度SMBCモビットを契約した上で、Tカードプラスの手続きを進めることで、以下の機能を備えたSMBCモビット nextを作成することができます。

  • カードローン機能
  • クレジット決済機能
  • Tカード機能

普段からTポイントを貯めていて、かつクレジット決済を多用する方なら、SMBCモビット nextは非常に使い勝手の良い1枚と言えるでしょう。

もちろん、SMBCモビット nextを作成するのであれば、カードローンの審査に加え、Tカードプラスの審査もクリアする必要があることには注意が必要ですよ。

J.Score(ジェイスコア)

審査時間最短30分
金利0.8%〜12%
申込み条件20歳以上の方
融資上限1,000万円

J.ScoreはAI診断によって金利や利用上限額が決まる日本初のAIスコアレンディングのサービスです。

運営元はみずほ銀行とソフトバンクで、他のカードローンと比較してもお分かりの通り、金利や融資上限などの項目において目を惹く数値を提供しています。

情報連携によって最大0.3%引下げ

J.Scoreはただでさえ、他のカードローンと比較して金利が低いのが特徴ですが、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携によって、金利をさらに下げることができます。

公式ホームページ』によると、情報連携によって最大0.3%引下げが可能とされているため、うまくいけば金利0.5%での借入も可能ということです。

  • J.Scoreの金利は0.8%〜12%で他のカードローンよりも低い
  • 情報連携によってさらに金利を下げる(最大0.3%)ことも可能

AIでスコアを打ち出したり、情報連携によって金利を下げるなど、他社では見られないユニークさを兼ね備えたJ.Scoreですが、まずは簡易なAIスコア診断で借入条件を明確にし、あなた自身が納得できれば手続きを進めるという流れを取ることができます。

少しでも気になったらまず、AIスコア診断から始めてみましょう。

今すぐお金が必要な場合は『即日融資が可能なおすすめカードローン|今日中に借りたい人向け』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

即日融資が可能なおすすめカードローン|今日中に借りたい人向け
即日融資が可能なおすすめカードローン|今日中にお金を借りる方法即日融資が可能なおすすめのカードローン会社を紹介しています。即日融資は銀行系のカードローンはなく、全て審判や消費者金融などのカードローンとなります。当記事では、その中でも即日融資が可能なおすすめのカードローン、そして当日にその日に融資を受け取るための流れを紹介しています。...

即日にお金を借りるための注意点・コツ

即日にお金を借りるための注意点・コツ即日に借りたいなら午前中に申込みしよう!

あなたに合ったカードローンを選定したからといって、即座に契約手続きに踏み込むのはまだ早いです。

ここでは以下の通り、即日にお金を借りるための注意点やコツについて解説しておきたいと思います。

  • 他社からの借入額が大きいと審査は通りにくい
  • 場合によっては収入証明書の提出が必要
  • 具体的な利息を把握にしておく

特に重要なのが、具体的な利息を把握しておくことです。

金利何%と言われても、それがどれくらいの金額になるのかは、実際にシミュレーションしなければわかりません。

あなたもぜひ、当記事で示しているシミュレーションを参考にした上で、カードローンの手続きに進んでみてくださいね。

他社からの借入額が大きいと審査は通りにくい

まず最初の注意点としては、他社からの借入額が大きいと、カードローンの審査が通りにくいことです。

カードローンを提供する側の立場になれば分かることですが、あまりにも借入額が多い方にホイホイとお金を貸すわけにはいきませんよね。

したがって、まずは各種カードローンの公式ホームページから、融資を受けられるかどうかの簡易診断をしてみると良いでしょう。

その上で結果が厳しそうなのであれば、後述するお金を作る方法を参考にしてみてください。

  • 他社からの借入額が大きいならまず、融資を受けられるかどうかの簡易診断をする
    ⇒審査をクリアするのが厳しそうなら、お金を作る作戦に切り替える

カードローンでお金を借りるのではなく、お金を作る(稼ぐ)ことができればそれに越したことはありません。

もちろん、カードローンを利用する場合でも、最終的には返済が必要ですから、お金を借りた直後に即、お金を作る手段を講じましょう。

場合によっては収入証明書の提出が必要

各種カードローンの審査において必要な書類は、本人確認書類があれば十分ですが、場合によっては以下のような収入証明書が求められることがあります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 確定申告書
  • 納税(課税)証明書
  • 給与明細書

本人確認書類はすぐに出るけど、収入証明はすぐに出せない!

という状況下であれば、即日融資ができない可能性があるということです。

したがって、少しでもカードローンの利用を想定しているのであれば、収入証明書を求められた際に焦らないように、あらかじめ準備を整えておくのが良いでしょう。

具体的な利息を明確にしておく

無事にカードローンの審査をクリアした後も、両手放しで喜ぶことはできません。

というのも、カードローンの利用において最も重要なことは、審査に通過して融資することではなく、融資した金額を一日でも早く完済することだからです。

以上を踏まえた上で、3万円借りた場合と、5万円借りた場合の利息をシミュレーションしてみたいと思います。

3万円借りた場合の利息

まずは金利18%で3万円借りた場合の利息を見てみましょう。

どれくらいの期間で返済できるかをイメージしながらご覧ください。

金利18%で3万円借りた場合の利息
1日借りた場合14円
15日借りた場合221円
30日借りた場合443円
60日借りた場合887円
90日借りた場合1,331円
180日借りた場合2,663円

ご覧の通り、金利18%で3万円という条件であれば、たとえ半年間借りたとしても、2,000円〜3,000円程度の利息で済みます。

もちろん、可及的速やかに完済するに越したことはありませんから、上記の利息に胡坐をかくことなく、一日でも早いカードローンの卒業を目指してください。

5万円借りた場合の利息

続いて、金利18%で5万円借りた場合の利息はどうでしょうか。

金利18%で5万円借りた場合の利息
1日借りた場合24円
15日借りた場合369円
30日借りた場合739円
60日借りた場合1,479円
90日借りた場合2,219円
180日借りた場合4,438円

やはり3万円から5万円に借入額が上がることで、同じ金額の融資を受けた場合においても、利息に確かな差が生じています。

以上を踏まえた上で、カードローンを利用する際に肝に命じておきたいことをまとめておきましょう。

  • 融資を受けることが当たり前にならないこと
  • 融資を受けた瞬間から、1日でも早く返済する為に行動すること

ここで示している条件での利息はそこまで大きな金額ではありませんが、3万円や5万円で歯止めがきかなくなったり、いつまでもズルズルと返済が遅れてしまうと、それこそ莫大な利息を支払うハメになってしまいますよ。

3万円や5万円が必要ならお金を作ることもできる!

3万円や5万円が必要ならお金を作ることもできる!3万円や5万円であれば、低リスクで融資を受けられることは前述した通りです。

しかし、3万円や5万円といった額であれば、カードローンに頼らずとも、以下のような方法で生み出すことができます。

  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  • 持っているものを売る
  • 短期バイトをする
  • クラウドソーシングで稼ぐ
  • スキルや知識を売る

え!スキルや知識を売るってどういうこと?

と思われたかもしれませんね。

早速、それぞれの項目について解説を進めていきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

あなたがすでにクレジットカードを持っているのであれば、キャッシング枠を利用するのも一つの手です。

この方法なら、コンビニで一瞬にしてお金を作ることができますよね。

もちろん、お金を借りるという意味ではカードローンと変わりはありませんから、コンビニの手数料に加え、金利がかかることは理解しておかなければなりません。

  • クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば、一瞬でお金を作ることができる
  • コンビニの手数料や金利には注意が必要

カードローンの場合も同様ですが、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのであれば、借りた分のお金をどのように返済するかの算段を立てた上で、行動に移しましょう。

キャッシングとカードローンの違いについては『キャッシングとカードローンの違いは何?事前に知っておきたいお金の借り方まとめ』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

キャッシングとカードローンの違いは何?事前に知っておきたいお金の借り方まとめ
キャッシングとカードローンの違いは何?事前に知っておきたいお金の借り方まとめキャッシングとカードローンの違いについて詳しく解説しています。キャッシングはクレジットカードで借りられるサービス、カードローンは別途申し込みが必要なもの。お金を借りることには違いがありません。ぜひキャッシングとカードローンそれぞれの違いや特徴を理解しておきましょう。...

持っているものを売る

断捨離が捗る上に、手元にお金が入る。まさに一石二鳥と言える作戦が、手元にあるものを売るという方法です。

売れるモノなんてない!

と脊髄反射で否定するのではなく、まずは冷静になって、あなたの部屋にあるものを見渡してみましょう。

たとえば、以下のようなアイテムはネット上やアプリで高額で売れる可能性があります。

  • CD/DVD
  • ゲーム/ゲーム機
  • 中古スマホ
  • 時計
  • アクセサリー
  • フィギュア
  • ギター
  • パソコン
  • バッグ
  • 貴金属

これらの他、思い切って愛車のバイクや車を手放してしまうのもありですよね。

仮にあなたがゴミだと思っているものでも、ネットの先で待っている人からすれば、お金を出してでも買いたい代物かもしれませんよ。

意外と高く売れるものを『意外と高く売れるものは多くある!今すぐ金欠状態を脱する為に所持品を売ろう!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

短期バイトをする

ここで紹介している方法の中で、最も手堅いのが短期バイトです。

やっぱり労働か…

と肩を落とす前に、まずは軽い気持ちでも良いですから、以下のようなサイトで希望の条件を入力して検索をかけてみましょう。

  • バイトル
  • タウンワーク
  • マイナビバイト

もしかしたら、「え!こんな仕事があるんだ!」と新たな発見につながるかもしれません。

一度検索してみてピンとこなければ、他の方法を考えるか、また折をみて再検索すれば良いだけです。

何事もまずは一歩を踏み出さなければ、状況は一向に変わりませんよ。

クラウドソーシングで稼ぐ

こちらも働くという意味では短期バイトと同じですが、以下のようなスキルをお持ちであれば、ランサーズやクラウドワークスといったサイトで仕事を受注することができます。

  • webライティング
  • プログラミング
  • 動画編集

素早く稼ぐという観点からすると、webライティングが特におすすめです。

案件にもよりますが、特にライティングの経験がない方でも、無理なく仕事を進めることができるためです。

また、報酬額は低いですが、アンケートに回答したり、コピペなどの作業をすることでも、お金を稼ぐことはできます。

短期バイトにピンと来ない場合はぜひ、ランサーズやクラウドワークスを覗いてみましょう。

知識やスキルを売る

一昔前では考えられないことですが、今の時代はどんな人でも手軽に、自分自身の商品をネット上で販売することができます。

たとえば、noteというサイトでは、誰でも一瞬でブログを作ることができる上、有料でコンテンツを展開できるのです。

以下はあくまでも一例ですが、何かのカテゴリーに特化した知識やスキルをnoteにまとめることで、それは立派な商品へと早変わりします。

  • Twitterのフォロワーを伸ばす方法
  • 好きなものを食べながらセクシーな体型をキープする方法
  • 男性から結婚したいと言わせる方法

もしあなたが何かしらの分野で成果を上げているのであれば、そのノウハウを文章にまとめてみましょう。

もしかしたらこれをきっかけに、本業を凌ぐほどの売り上げを作ることができるかもしれませんよ。

お金を借りるのに審査なしはありえない

お金を借りるのに審査なしはありえない審査なしで貸してくれる消費者金融はない

お金を借りたいけど、審査を回避したい!

審査なしでお金を借りる方法はないの?

もしかしたらあなたもこのように思われているかもしれません。

しかし残念ながら、カードローンやキャッシングなどを利用する場合、審査なしでお金を借りることは不可能です。

たとえばあなたが道端で出会った人から急に声をかけられ、「お金を貸して欲しい!」と懇願された場合、素直にお金を手渡すでしょうか。

審査なしでお金を借りるというのは、まさにこのようなイメージです。

つまり、あなたができることとしては、日頃から愚直に信用情報を積み上げておくことです。

  • お金を借りるのに審査なしはありえない
    ⇒日頃から愚直に信用情報を積み上げておくことが大切

仮にお金を借りなければならない状況に陥ったとしても、さらりと審査をクリアできる状態にしておきたいですね。

ブラックの場合にはカードローンなどの借り入れはできないと考えるのが無難

ブラックの場合にはカードローンなどの借り入れはできないと考えるのが無難信用情報でブラックかどうかはすぐにバレる

ブラックの私はどうすれば良いの?

と嘆いている方に対しては、少々厳しい現実をお伝えしなければなりません。

残念ながら、ブラックの場合はカードローンの借り入れはできないと考えるのが無難です。

やはりカードローンの審査においては信用が第一ですから、ブラックで信用を失ってしまっていると、審査はまず通らないと考えておきましょう。

万が一借りれたとしても、火の車から抜け出せない状況は危険

ブラックにもかかわらず、万が一あなたがカードローンで融資を受けることができたとしても、お金が回っていない状況を続けるのは非常に危険です。

火の車から抜け出さなければならないのに、さらに借金が増えてしまうのは本末転倒ですよね。

お金を借りることで一時的には楽になれますが、それは同時に自分の首を締める行為でもあることを忘れてはいけません。

  • お金が回っていない状況を続けるのは危険
  • お金を借りることで一時的には楽になれるが、それは同時に自分の首を締める行為でもある

以上の内容を踏まえると、やはり結局のところは地道にお金を作るのが最善の策と言えます。

これはお金の管理だけでなく、ビジネスもダイエットも同様ですが、一瞬で結果が出る魔法など存在しないのです。

お金を借りたい気持ちはわかるが、少額融資に多い見ず知らずの個人融資は特に危険!

お金を借りたい気持ちはわかるが、少額融資に多い見ず知らずの個人融資は特に危険!個人間融資はトラブルの温床になっている

知名度や信頼性が明確な企業が提供するカードローンならともかく、少額融資に多い見ず知らずの個人融資には注意が必要です。

というのも、個人融資の中には審査をクリアできずに困っている人を主なターゲットに、一見オイシイ条件を提示した上で、最終的には利用者を騙そうとしている悪徳業者も含まれるためです。

ここでは以下の通り、個人融資の危険性について具体的にお伝えしていきたいと思います。

  • 闇金の可能性がある
  • 個人情報を悪用される可能性がある
  • 女性は性犯罪に巻き込まれる可能性がある

どれも非常に怖いですよね。いくらお金に困っているからといって、得体の知れない業者の誘いには絶対乗ってはいけません。

それでは、各項目について詳しく見ていきますよ。

闇金の可能性がある

個人融資において最も注意しなければならないのが、闇金の可能性です。

もしあなたが仮に、法外な手数料や利息を取る闇金に巻き込まれでもしたら、目の前のお金を返済するどころか、借金が雪だるま式に増え続けていく人生を歩むことになりかねません。

ここで恐ろしい事実をお伝えしておくと、個人間の取引においては、最大109.5%の金利請求が出資法という法律で認められています。

ただ、消費者を保護するための利息制限法もあるため、必ずしも109.5%を請求できるわけではありません。

ちなみに、消費者金融の上限金利は20%です。いかに個人融資との差が大きいかが分かりますね。

  • 個人融資:最大で109.5%まで金利請求可能
  • 消費者金融:20%が上限金利

以上を踏まえると、あなた自身が闇金に巻き込まれないように細心の注意を払うしかありません。

とにかく個人融資に対しては連絡しない、返信しない、そして関わらないことを徹底しましょう。

個人情報を悪用される可能性がある

仮に金利の低い個人融資を見つけたとしても、決して気を許してはいけません。

なぜなら、個人情報を騙し取ることによって、利益を生み出そうと考える業者もいるためです。

数ある個人情報の中でも特に気をつけなければいけないのは、銀行口座に関する情報です。

仮にあなたが担保や借金の一部返済として相手に口座を売却してしまったら、業者はもちろん、あなた自身も罪に問われてしまいます。

どうしても個人融資を利用せざるを得ない場合でも、銀行口座について教えて良いのは金融機関と口座名義、口座番号だけです。口が滑っても、暗証番号を漏らしてはいけません。

  • 銀行口座の売却行為は犯罪
  • 銀行口座の暗証番号は絶対に教えてはいけない

なお、言うまでもありませんが、誕生日やゾロ目などの暗証番号は避け、必ず不規則な暗証番号に設定しておきましょう。

女性は性犯罪に巻き込まれる可能性がある

いつの時代も後を絶たないのが性犯罪の被害者です。

性に飢えた男性は、あの手この手でか弱い女性にアプローチしようとします。

個人融資でそんなことがあるの?

と思われるかもしれませんが、対面でのやり取りが発生する場合においては、女性は性犯罪のリスクがあると想定すべきでしょう。

改めての警告ではありますが、たとえどんな条件を提示されても、そもそも個人融資の利用は控えるべきですし、直接業者に会うなどもってのほかですよ。

3万円・5万円を借りる方法まとめ

今スグに3万円や5万円を借りたいならカードローンがおすすめですが、正攻法でお金を稼ぐという方法も忘れてはいけません。

ここで改めて、当記事のポイントとなる部分についておさらいしておきましょう。

  • プロミスは新規契約時点の融資上限は50万円まで
  • アコムは3秒診断で融資可能か判断できる
  • SMBCモビットはクレジット機能やTカード機能を付帯したSMBCモビット nextを作成できる
  • J.Scoreは情報連携によって金利の引下げ(最大0.3%)が可能
  • 融資を受ける前に、具体的な利息を把握にしておく
  • 3万円〜5万円ならモノやスキルを売る、短期バイトをするなどの方法で切り抜けることができる
  • お金を借りるのに審査なしはありえない
  • 少額融資に多い見ず知らずの個人融資は闇金や情報漏洩のリスクがある

個人融資は本当にどうしようもなくなった時の最後の手段であり、万が一利用する上でも細心の注意を払う必要があります。

退っ引きならない状況に陥らない為にも、日々のお金の管理は徹底しながら生きていきたいですね。