お金が足りないときの対処法

光熱費が払えない!そんな状況を回避する方法と公共料金別の停止日を解説

今月ピンチで光熱費が賄えない!

光熱費の明細を見るのが怖い!

このような状況に陥ってしまっている場合、どのように対処すれば良いか。

そこで当記事では、光熱費が支払えなくて困っている方に向けて、そうした状況を回避するための方法に加え、公共料金別の停止日に関する情報をシェアしていきたいと思います。

一日でも早く光熱費が払えない、切羽詰まった状況を切り抜けるためにもぜひ、以下の内容を参考にしてみてくださいね。

まずは光熱費が払えない状況を回避するのが先決!

まずは光熱費が払えない状況を回避するのが先決!光熱費は払わないという選択肢がない以上、今スグできる対処法を行おう!

まず最優先で考えたいのは、光熱費が払えない状況を回避することです。

そこでここでは、光熱費が払えない状況を回避する方法について解説していきたいと思います。

光熱費は生活をしていく上でも最優先で支払わないといけないもの。

そんな光熱費が支払えなくなった時におすすめの対策は以下の通りです。

  • 所有物を売る
  • 日払いのアルバイトをする
  • クラウドソーシングで稼ぐ
  • クレジットカード払いで凌ぐ
  • 親や友人からお金を借りる
  • カードローンを利用する

それでは早速、光熱費が払えないときの緊急対処法を詳しく解説していきましょう!

所有物を売る

自分にとってはゴミになってしまったものも、誰かにとってはお金を出してでも欲しいものかもしれません。

あなたの部屋に、使われずに放置されているものはないでしょうか。

ぜひ一度、部屋中を隈無く探し、小さなお宝が眠っていないかどうかを確認してみましょう。

たとえば、以下のようなアプリを活用すれば、すぐにでもお金を生み出すことができます。

  • メルカリ
  • ヤフオク

各フリマアプリはスマホで商品を撮影し、すぐに出品も可能です。

少しでも早くお金を調達したい!

できるだけ面倒な作業は避けたい!

このように思われている方にとって、フリマアプリは非常におすすめのアプリと言えるでしょう。

意外と、あなたには必要のないものでも他の人にとっては『どうしても欲しい!』というモノも多くあります。

何が売れるんだろう?」と気になる方は『意外と高く売れるものは多くある!今すぐ金欠状態を脱する為に所持品を売ろう!』の記事も合わせて参考にしてみてください。

意外と高く売れるものは多くある!今すぐ金欠状態を脱する為に所持品を売ろう!
意外と高く売れるものは多くある!今すぐ金欠状態を脱する為に所持品を売ろう!誰もが持っているものや簡単に手に入るものが意外と高く売れる場合も実は多いのです。当記事では、知られていない意外と高く売れるものを数多く紹介しています。ぜひ眠っているお宝を高く売ってお金を作りましょう!...

日払いのアルバイトをする

真面目に働いてお金を作りたい!

このように思っている方におすすめなのが、日払いのアルバイトです。

バイトルやフロムエー、タウンワークなどのサイトを覗いてみると、日々様々な業種において単発の求人が出ていることがわかります。

ここで気をつけたいのが、日雇いと日払いは意味が違うということ。

募集要項に日雇いと記載されていても、それは日払いを意味しているわけではないので注意が必要です。

  • 日雇い:1日単位で仕事ができる形態。必ずしも日払いであるとは限らない
  • 日払い:その日中に給与を受け取ることができる

日払いという条件でアルバイトを検索し、丸1日しっかりと働けば、ある程度まとまった給与を即日に受け取ることができますよ。

クラウドソーシングで稼ぐ

日払いのアルバイトをしたいけど、まとまった時間を捻出できない!

このように思われている方におすすめなのが、クラウドソーシングで稼ぐという方法です。

有名どころで言うと、以下のような会社があります。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

この中でも特におすすめなのが『クラウドワークス』です。

というのも、クラウドワークスには売上の確定後、3営業日以内に報酬を振り込んでくれるクイック出金サービスがあります。

数時間程度で終わる仕事をコツコツと積み重ね、必要な金額に達したらクイック出金サービスで報酬を受け取る。

この流れですね。これならまとまった時間を確保できない方でも、隙間時間に稼ぐことができるのではないでしょうか。

クレジットカード払いで一時的に凌ぐ

こちらはあくまで一時しのぎではありますが、支払い方法をクレジットカードに変更するという方法もあります。

電気代・ガス代・水道代はいずれも、クレジットカード払いが可能です。

また、公共料金の支払いによって毎月ポイントが貯まっていくというメリットも見逃せません。

ただし、クレジットカード会社からの請求に対応できなくなってしまっては意味がないので、あくまでも急場を凌ぐ方法であることを忘れないようにしましょう。

親や友人からお金を借りる

この際、少々の恥を忍んでも構わない!

このように思われている方は、親や友人からお金を借りるという手もあります。

ただし、いくら気心の知れた相手から借りるといっても、お金を借りるということを軽視してはいけません。

お金を貸してくれることに対する感謝を伝えるのはもちろん、以下のようなポイントを踏まえておくことも重要です。

  • 借りてからすぐに、お金を作る為に具体的な行動に出ること
  • 借りたお金は必ず期日までに返すこと
  • 同じ失敗はしないこと

上記をきちんと励行しなければ、お金以上に大切なものを失ってしまうかもしれませんよ。

カードローンを利用する

こちらは最終手段となりますが、カードローンで融資を受けるという方法もあります。

安心感のある各種大手銀行のカードローンの他、楽天銀行カードローンなどはそこまで審査も厳しくなく、エントリーしやすいのではないでしょうか。

カードローンでは審査を通過できなかった!

という方については、以下のような消費者金融の利用を検討してみるのも良いでしょう。

ただし、カードローンや消費者金融の活用は立派な借金であり、相応の手数料がかかることを忘れてはいけません。

これまで以上にしっかりとお金の管理をし、計画的な返済をしなければ、今度は借金が返せなくなるというとんでもない事態に発展してしまいますよ。

» 即日融資も可能なカードローンはこちら

電気代を滞納した場合に止まる日

電気代を滞納した場合に止まる日電気代ってどれくらい滞納したら止まってしまうんですか?

と気になっている方もいることでしょう。

そこでここでは、電気代を滞納した場合に止まる日について解説を進めていきたいと思います。

電気代を滞納した場合に止まる日は、電気会社によって異なります。

本記事では以下の全国の主力電力会社の停止日を紹介していきますよ。

  • 東京電力
  • 関西電力
  • 中部電力
  • 東北電力
  • 九州電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 北海道電力
  • 北陸電力
  • 沖縄電力

 

各電力会社ごとの停止日一覧

全国の主力電力会社の料金を払えない場合の停止日一覧は以下の通りです。

電力会社停止日
東京電力検針日から約60日後
関西電力検針日から約50日後
中部電力検針日から約60日後
東北電力検針日から約50日後
九州電力検針日から約70日後
中国電力検針日から約70日後
四国電力検針日から約60日後
北海道電力検針日から約50日後
北陸電力検針日から約50日以降、約2週間で停止
沖縄電力検針日から約60〜65日後

ご覧の通り、各電力会社で多少の差はあるものの、停止日は検診日からおよそ2ヶ月前後に設定されているところがほとんどです。

もちろん、「検診日から2ヶ月もある!」と変に前向きに捉えるのではなく、できる限り早急に支払いを済ませることができるように準備しておくのが肝要ですよ。

電気料金を期限内に支払わないと延滞料金が発生する

当然のことではありますが、電気料金を期限内に支払わないと、一定の延滞料金が発生します。

元々支払う予定の金額に上乗せして、延滞料金が発生すると考えれば、期限内に支払いを済ませてしまう方がお得ですよね。

それはわかっているんですけど、ついつい支払いが後回しに…。」という方もいるかもしれませんね。

そんな方には、支払用紙を利用するのではなく、以下のような方法で支払いを済ませるのがおすすめです。

  • クレジットカード決済
  • 口座振替

クレジットカード決済であればポイントがついてお得ですし、電力会社によっては、口座振替に対して割引を提供しているところもありますよ。

ガス代を滞納した場合の止まる日

ガス代を滞納した場合の止まる日ガス代をもし滞納してしまったらどうなるの?

と心配になっている方もいることでしょう。

そこでここでは、ガス代を滞納した場合の止まる日について解説をしていきたいと思います。

前述した電気代の場合と同様に、ガス代の停止日に関しても、利用しているガス会社によって異なります。

本記事では、以下の主要ガス会社の停止日を紹介していきますよ。

  • 東京ガス
  • 大阪ガス
  • 東邦ガス
  • 東海ガス
  • 西部ガス
  • 静岡ガス
  • ニチガス
  • 北海道ガス
  • 京葉ガス
  • 広島ガス

 

各ガス会社ごとの停止日一覧

全国の主要ガス会社の料金を払えない場合の停止日一覧は以下の通りです。

ガス会社停止日
東京ガス検針日から約50日後
大阪ガス検針日から約50日後
東邦ガス検針日から約66日後
東海ガス検針日から約50日後
西部ガス検針日から約50日後
静岡ガス検針日から約50日後
ニチガス検針日から約60日後
北海道ガス検針日から約56日後
京葉ガス検針日から約50日後
広島ガス検針日から約70日後

ご覧の通り、多くのガス会社の場合、検針日から約50日後にガスが停止してしまうようです。

検針日から2ヶ月弱の猶予はあるものの、やはりできる限り早く支払いを済ませるのがベターです。

ちなみに、電気料金の場合と同様に、ガス代金も延滞が続くと延滞分の利息が加算されてしまいます。

クレジットカード決済や口座振替などに切り替え、支払い忘れを防ぐのが有効手段と言えるでしょう。

LPガスの場合も検針日から約50日後に停止される

LPガスの場合はどうなんですか?

と気になっている方もいるかもしれません。

結論からいうと、LPガスの場合も都市ガスと同様に、検針日からおよそ50日後にガスがストップしてしまいます。

都市ガスであろうと、LPガスであろうと滞納するのはNGですし、延滞が続くと利息が発生したり、最終的にはガスが止まってしまう点も含めて注意が必要ですよ。

水道代を滞納した場合の止まる日

水道代を滞納した場合の止まる日生活インフラの中で一番止まるのが遅い

水を失ったらさすがに生きていけないから、水道が止められることはないよね?

と思っているそこのアナタ!

厳しいようですが、その考え方は甘いです。

水道はライフラインとはいえ、料金を支払わなければ利用できないのは当然のことです。

ここでは、水道代を滞納した場合の止まる日について解説していきますよ。

水道が止まるのは検針日からおよそ3〜4ヶ月後

水道代を滞納した場合の止まる日は以下の通りです。

  • 検針日からおよそ3〜4ヶ月後

ご覧の通り、電気・ガス・水道の中では水道が最も止まるのが遅い事がわかります。

もちろん、停止日が遅いからといって、支払いがルーズになっても良いということではありません。

電気やガスを利用する場合と同様に、水道料金に関しても支払いが滞ることのないように、早めの対策を講じていきたいものですね。

場合によっては減免制度を利用することもできる

水道料金がどうしても支払えない!

そんな時には、減免制度を利用するのも1つの手です。

全ての自治体が対象ではありませんが、自治体によっては水道料金の減免を申請できる場合もあります。

なお、減免の対象となるのは以下のような世帯となっています。

  • 生活保護世帯
  • 障害者世帯
  • 高齢者世帯
  • ひとり親世帯

うまく減免の申請が通れば、使用量の一部や基本料金分を減額してもらうことができます。

精一杯やれることはやったにもかかわらず、どうしても支払いが追いつかないということであれば、減免制度の利用も視野に入れてみると良いでしょう。

携帯料金を滞納した場合の止まる日

携帯料金を滞納した場合の止まる日毎月の携帯料金を支払うのもかなりキツイです!」と嘆いている方もいるかもしれませんね。

そこで続いてここでは、携帯料金を滞納した場合の止まる日について解説を進めていきたいと思います。

本記事では、以下の大手キャリアの停止日を紹介していきますよ。

 

大手キャリアの停止日一覧

大手キャリアの携帯料金を滞納した場合の止まる日については以下の通りです。

携帯会社停止日
ドコモ最初の引き落とし日から約1ヶ月後
au最初の引き落とし日から約15日後
SoftBank最初の引き落とし日から約2週間後
Yモバイル最初の引き落とし日から約15日後

ご覧の通り、携帯料金は電気・ガス・水道などと比較し、停止されるまでの猶予が短いことがわかります。

携帯が止められてしまったら仕事に支障が!

という方もいることと思いますので、滞納してしまうことのないように、お金の管理をしっかりとしておきましょう。

各キャリアの停止日と強制解約になる日は『携帯代が払えない時の対処法|各キャリアの利用停止日や滞納で起こるリスクを解説』の記事で詳しく紹介しています。

携帯代が払えない! 滞納を避ける為の処世術
携帯代が払えない時の対処法|各キャリアの利用停止日や滞納で起こるリスクを解説携帯代を払えないと、最悪の場合裁判を起こされてしまうことがあります。 また、機種代を分割で支払っている場合には、毎月の携帯代に機種...

携帯料金を滞納し続けると信用情報に傷が及ぶことも

携帯料金を滞納し続けると、信用情報に傷が及ぶこともあります。

というのも、端末の分割代金はローン契約と見なされるため、携帯料金の滞納はローン未払いとして扱われてしまうのです。

信用情報に傷がついてしまうと以下のようなシーンで審査が通らなくなってしまいます。十分に注意したいですね。

  • クレジットカードの申込み
  • カードローンの申込み
  • 住宅ローンの申込み

 

光熱費が止められるほど生活を圧迫している理由を明確にしよう!

光熱費が止められるほど生活を圧迫している理由を明確にしよう!生活スタイルやお金の収支を今一度確認してみよう!

そもそも、なんでこんなにも生活が圧迫されてるの?

とシャウトしたくなる人もいるかもしれませんね。

そこでここでは、光熱費が止められるほど生活を圧迫している理由について考えていきたいと思います。

あなたは以下のようなケースに当てはまっていないでしょうか。

  • 浪費が多い
  • 固定費が高い
  • クレジットカードへの依存

早速、それぞれの項目について解説を進めていきましょう。

浪費が多い

気がついたら貯めたお金がなくなってしまっている人の特徴として、浪費が多いことが挙げられます。

あなたはまさか、一瞬の誘惑に負けてしまい、本当は必要ではないものを衝動買いしていたりはしないでしょうか。

こういう浪費は本人が薄々と気づきながらも、あえて向き合わないようにしていることが多いです。

以下、ついお金を使ってしまいがちなものをリスト化してみましたので、ぜひ日頃の生活を振り返ってみてください。

  • セールで安くなっている洋服
  • 小腹が空いてしまった時に魅力的なコンビニの商品
  • 空港の免税店で見つけた珍しいアイテム
  • Amazonなどでたまたま出会ったお得商品
  • 「たまにはストレス発散!」と言い聞かせてオーダーするお酒
  • 散々飲み明かした後に利用する深夜のタクシー

もちろん、本当に必要な商品がお得な価格でゲットできるのであれば良いのですが、そうでないケースもあるはずです。

特に、電車なら数百円で帰ることができるにもかかわらず、深夜のタクシーで数千円、ひどい時には一万円を超えるような出費はかなり痛いですよね。

このように、知らず知らずのうちにしてしまっている浪費をリストアップしただけで、事前に防ぐことができる浪費は数多くあります。

ぜひ、実際にお金を使う前に、本当にその出費が妥当かどうかを考える癖をつけましょう。

お金がなくても楽しむ方法は少しの工夫でたくさんあります。

ぜひ『金欠を乗り切るために|お金がなくても楽しめる過ごし方ガイド』の記事も参考に浪費をできる限りなくしましょう!

金欠を乗り切るために|お金がなくても楽しめる過ごし方ガイド
金欠を乗り切るために|お金がなくても楽しめる過ごし方ガイド金欠時を乗り切るための方法を紹介しています。金欠時でも楽しめる過ごし方を一人、デート、家族のシーン毎にそれぞれ紹介していきます。金欠だからと言って楽しめないことはありません。金欠時だからこそ自分を見つめ直す良い機会として過ごし方を考えましょう。...

固定費が高い

いくら日々の生活で浪費に気をつけていても、固定費が高いとなかなか節約効果を高めることは困難です。

たとえばあなたは、以下のような固定費に対し、どれくらいの費用を使っているでしょうか。

  • 家賃
  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • 携帯電話料金などの通信費
  • 保険料
  • 車のローン
  • 定期購入しているもの
  • ジムなどの月会費

光熱費や携帯電話料金などは、まさに本記事のテーマとするところですが、これら以外にも様々な固定費があります。

固定費を変えるのは難しい!

と思っている方もいるかもしれませんが、ぜひ今一度、固定費を見直す余地がないか考えてみましょう。

固定費の削減は意外とできるものです。具体的な削減方法は『固定費を見直して節約!頑張らなくても毎月1万円以上節約する方法を紹介』の記事で詳しく紹介しています。

固定費を見直して節約!頑張らなくても毎月1万円以上節約する方法を紹介
固定費を見直して節約!頑張らなくても毎月1万円以上節約する方法を紹介定期的に固定費の見直しはしていますか?固定費の節約は意外と簡単にできるもの。当記事では、毎月一万円以上行える節約方法を解説しています。固定費を見直そうと思っていてもなかなかできなかったことが意外と簡単にできるんですよ。...

クレジットカードへの依存

クレジットカードの魅力はキャッシュがなくても即買い物ができることに加え、ポイントも貯まるという点です。

カードを利用するほどにポイントがもらえるという点を見れば確かに、節約効果は上がっていきそうですが、クレジットカードを持っているからこそ発生しがちな浪費を見逃してはいけません。

たとえば、以下のようなシーン。もしあなたがクレジットカードを所有していなければ、おそらく購入することはないでしょう。

  • 現金を持っていない状態で、コンビニやスーパーで美味しそうなモノを見つけた時
  • 分割払いならなんとか購入できる高額なサービス(エステなど)の勧誘を受けた時
  • Amazonなどのネットショップを閲覧していてふと、魅力的な商品を見つけた時

このように考えてみると、クレジットカードでいかに衝動買いが増えてしまっているかがわかります。

思い切ってクレジットカードの利用を封印することで、お金の使い方が一気に変わるかもしれませんよ。

家計を圧迫する前に知っておきたい光熱費の節約方法

家計を圧迫する前に知っておきたい光熱費の節約方法光熱費や固定費は意外と大幅に節約ができる!

何か上手な節約術を教えて欲しい!

このように思っている方もいることでしょう。

そこでここでは、家計を圧迫する前に知っておきたい光熱費の節約方法について解説していきたいと思います。

  • 電気代の節約法
  • ガス代の節約法
  • 水道代の節約法
  • 携帯料金の節約法

早速、それぞれの節約法について見ていきますよ。

電気代の節約法

電気代の節約法としては、以下のような方法があります。

  • 契約プランを見直す
  • 契約アンペアを見直す
  • 支払い方法を見直す
  • 古い家電を買い換える
  • 家電の使い方を工夫する(待機電力を意識するなど)

例えば契約プランの見直し。電気料金のプランには様々な種類があり、あなたにとって一番お得なプランを選択し直すだけで、場合によっては年間10,000円以上の節約に繋がる可能性があります。

エネチェンジの料金比較』のサイトを活用すれば、すぐにでも検索ができ、あなたにとってベストな料金プランを選ぶことができますよ。

ガス代の節約法

ガス代の節約法としては、以下のような方法があります。

  • プロパンガスなら都市ガスに切り替える
  • オール電化にする
  • お風呂の使い方を工夫する
  • 料理は作り置きする
  • つけ置き洗いをする
  • 蓋や落し蓋を利用する

例えばお風呂の使い方。ここにメスを入れることで、大きくガス代を節約することができます。

お風呂のふたをこまめに閉めたり、追い炊きの回数を減らしたりするだけで、年間数千円の節約ができますし、シャワーヘッドを交換すれば、水道代と合わせてダブルで光熱費を抑えることが可能です。

ちなみに、一人暮らしならシャワー、家族で住む場合はお湯を張った方がお得になることも覚えておきましょう。

水道代の節約法

水道代の節約法としては、以下のような方法があります。

  • トイレの使い方を工夫する
  • 節水シャワーヘッドを使う
  • 食洗機を使う
  • つけ置き洗いをする
  • 洗濯機の利用頻度を少なくする

水道代の節約をする際に見直していただきたいのがトイレの使い方です。

人は1日におよそ8回ほどトイレを利用しますので、家族の人数が増えれば増えるほど、それだけトイレで消費される水の量は大きく増えますよね。

とはいえ、トイレは生理現象なので、我慢するのはナンセンスです。ぜひ、小と大のレバーの使い分けを改めて意識してみましょう。

あなたはまさか、大ではないにもかかわらず、大のレバーで流してはいないでしょうか。両者にはおよそ2ℓの差があります。

小の場合には意識して小のレバーを使うだけで、かなりの節水効果があることがお分かりいただけることでしょう。

携帯料金の節約法

携帯料金の節約法としては、以下のような方法があります。

  • 格安SIMにする⇐絶対に変えたほうが安くなる
  • 通話プランを見直す
  • データプランを見直す
  • 家族向けプランを活用する
  • 光回線を利用して割引を享受する

特におすすめしたいのが格安SIMへの切り替えです。

大手キャリアと比較し、格安SIMに切り替えた場合の月々のコストですが、場合によっては10,000円以上変わることさえあります。

え、毎月10,000円以上安くなるんですか?

と驚かれる方もいるかもしれませんが、それほどまでに、格安SIMはお得度合いが高いのです。

ここで気になってくるのが、携帯電話の使い勝手ですが、格安SIMに変更しても、便宜性は大差ありません。

格安SIMの弱点として、実店舗においてサポートを受けることができないことが挙げられますが、毎月10,000円ほど安くなることを思えば、むしろメリットの方が大きいと思う方も多いことでしょう。

家電量販店に足を運べばすぐにでも、格安SIMの契約をすることができますよ。

格安SIMを利用するメリット・デメリットについては『使う前に知っておきたい格安SIMを使うデメリットとメリット|使わないと損!』の記事にて詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

光熱費が払えない時の対処法まとめ

光熱費は生活をしていく上で必須となる固定費です。

ここを支払えないことには、生活が成り立たなくなりますので、改めて以下のようなポイントを踏まえ、お金の管理を徹底していきましょう。

  • 日払いのアルバイトやクラウドソーシングなどでお金を稼ぐ
  • 衝動買いや浪費をなくす
  • 固定費の節約を図る

きちんと仕事をしていて安定した収入を得ているにもかかわらず、光熱費が支払えなくなってしまうのは、必ずどこかに無駄があるからです。

ぜひ本記事の内容を今一度振り返っていただき、日々生じてしまっている無駄を最小限に抑えていきましょう。